Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「未配送の荷物がある」とだまし、ウイルスを開かせるメールに注意 - 今度は「UPS」を偽装

国際運輸事業者「UPS」のブランドを悪用したウイルスメールが流通している。G DATA Softwareが確認したもので、文面は英語だが国内でも利用者がいることから、同社では注意を呼びかけている。

問題のメールは、未配達の荷物の受け取りあたり、添付ファイルを印字するように指示する文面で、圧縮された添付ファイルの中身は一見Wordファイルだが、実際はアイコンや拡張子を偽装した実行ファイルだという。誤って開いた場合、ロシアのサーバよりマルウェアがダウンロードされる。

こうした攻撃は、今回がはじめてではなく、今年8月にも「FedEx」を偽装してウイルスを送りつける攻撃が確認されている。G DATAでは、年末に向けて同様の手口が流行する可能性もあり、世界規模で展開する事業者に見せかけたウイルスメールへ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
JC3、マルウェア付きメールの送信日や件名を一覧化したページを公開
NTT東、企業向けにマルウェア対策の一元管理サービス
ソースネクスト、モバイル向けにセキュリティ対策アプリ
ネットワールド、制御システム向けセキュリティパックを発売
トレンド、制御システムで不正アプリの起動を阻止する新製品
NTT東と楽天が協業、楽天市場の4.4万店向けにセキュリティサービス
「NTTコミュニケーションズ」のなりすましメールに注意 - 添付ファイルはマルウェア