Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

営業情報含むPCがJR山手線で置き引き - シニア向け経営コンサル会社

シニア向けの経営コンサルティング事業を展開するシニアコミュニケーションは、従業員が電車内で盗難に遭い、営業情報の保存されたパソコンを紛失したと発表した。

被害に遭ったパソコンには、一部営業先の会社名や電話番号のほか、顧客向け提案書などの業務ファイルが保存されていた。取引先や顧客に関する個人情報は含まれておらず、パソコンには、IDやパスワードを設定していたという。

11月8日早朝に従業員が帰宅する際、JR山手線の車内において、座席上部の網棚に置いていた鞄ごと盗まれたもので、JRの遺失物窓口や警察へ被害を届けた。同社では今回の事件を受け、関係者に対して説明と謝罪を行う。

また同社では、パソコンについて持ち出しを原則禁止としており、申請など手続きが取られていなかったことから、あらためて規定の運用を徹底し、再発の防止を目指すという。

(Security NEXT - 2008/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客情報含む書類が盗難、翌日回収 - ケア21
生徒の名簿が入った鞄を紛失 - 練馬区の中学校
顧客情報記載のノートがスーパーで置き引きに - 京阪互助センター
日清食品、採用セミナー出席者の履歴書などが置き引き被害に
教員が置き引き被害、学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 大阪市立大
個人情報含むPCが飲食店で置き引き - 起業家支援のNPO法人
出張先のベルギーで個人情報含むPCが置き引き被害 - 広島大
取引先の個人情報など含むノートPCを駅で紛失 - J:COMグループ会社
顧客情報記載の書類が置き引き被害 - 大東建託
顧客情報リストがショールーム内で置き引き被害に - ヤナセ子会社