Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Microsoftの次期マルウェア対策ソフトは無料 - 2009年後半に登場

米Microsoftは、マルウェア対策ソフトを2009年後半より無償で提供する計画を発表した。

コードネーム「Morro」として開発されている同ソフトは、ウイルスやスパイウェア、ルートキットなどへ対応する基本的なセキュリティ機能を包括的に提供。「Windows XP」「Vista」次期OSとなる「Windows 7」のユーザーを対象に2009年下半期から無料でダウンロードにより提供する計画だという。

Windowsだけでなく、Internet Explorer利用時のプライバシー保護機能なども提供しており、消費するリソースも少ないと同社では説明している。また同ソリューションの提供にともない、2006年6月30日に「Windows Live OneCare」の提供を中止するという。

(Security NEXT - 2008/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
トレンド、SDNの連携ソリューションに汎用制御APIを用意
NTT東、企業向けにマルウェア対策の一元管理サービス
Bitdefender、家庭用IoT機器を保護するBOX型アプライアンス
ソースネクスト、モバイル向けにセキュリティ対策アプリ
トレンド、IoT機器を保護する家庭向けツール - LAN接続だけで利用可能
ネットワールド、制御システム向けセキュリティパックを発売
トレンド、制御システムで不正アプリの起動を阻止する新製品
NTT東と楽天が協業、楽天市場の4.4万店向けにセキュリティサービス