Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数ユーザー版の更新料を値下げ - G DATA Software

G DATA Softwareは、同社セキュリティ対策ソフトの複数ユーザー製品について更新料を改定した。

同社が提供する「G DATA AntiVirus」「G DATA InternetSecurity」「G DATA TotalCare」の複数ユーザー版について、更新料を引き下げたもの。同社で今回の価格改定で、既存ユーザーの継続利用を促進を目指す。

「G DATA AntiVirus」の場合、3ユーザー版が6900円から4500円へ、5ユーザー版では11000円から8000円に変更するなど、各製品で20%から最大で35%の値下げとなっている。

(Security NEXT - 2008/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化
米中間選挙にあわせコンシューマー向け製品を無償提供 - Cylance
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
「NOD32」発売から15周年、記念パッケージをリリース
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
富士通研、IoTデバイス間の攻撃を遮断する新技術
FFRI、個人や小規模事業者向けに「yarai 」を発売 - 「Mr.F」は販売終了