Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SBTとImperva、ウェブアプリの脆弱性保護ソリューション分野で協業

Imperva Japanとソフトバンク・テクノロジーは、ウェブアプリケーションの保護ソリューション分野で協業すると発表した。

今回の協業を受け、ソフトバンク・テクノロジーはImpervaが提供するウェブアプリケーションファイアウォール製品「SecureSphere WAF」の販売を11月21日より開始する予定。同社では、ウェブアプリケーションの脆弱性診断サービスを提供しており、サービスメニューを強化する。

両社は、今後は製品販売にくわえ、マネージドセキュリティサービスなどのサービスビジネス分野における協業し、セミナーの共同開催などを展開する。

(Security NEXT - 2008/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ラック、中規模サイトを保護する「LAC Kai」を販売開始
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
モジュール型WAF「SiteGuard Lite」、IISへ対応 - Nginxも対応予定
SecureWorks、AWS向けマネージドサービスやインシデント対応サービス
NTTコム、SaaS型WAFサービスを提供 - 「Slow DoS攻撃」にも対応
MBSD、AWSに特化したセキュリティ監視サービス
JP-Secure、ホスト型WAFをバージョンアップ
日立システムズ、金融機関向けにサイバー攻撃対策パッケージ
NTTコム、クラウドのシステム構築行うSIer向けにセキュリティサービス
DSR、クラウドWAFと脆弱性診断の連携サービスを開始