Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

携帯端末の遠隔制御サービスに初期化機能とカスタマイズ機能を追加 - NTTドコモ

NTTドコモは、法人向けサービス「ビジネスmoperaあんしんマネージャー」に遠隔操作による初期化やカスタマイズ機能を追加し、11月19日より提供開始する。

同サービスは、組織内で利用している携帯端末に対し、遠隔での各種設定や制御を可能にするもの。「遠隔初期化」機能では、端末の紛失、盗難時に端末内のデータが初期化できるほか、一部機種ではメモリカード内に保存されたデータの初期化も可能。

一方遠隔カスタマイズでは、端末のカメラ機能や電話帳機能、赤外線機能、ロック機能、ワンセグ機能などが制限でき、組織単位でポリシーを管理できる。

同サービスの月額基本料のほか、利用回線数に応じたオプション料金が必要。また遠隔カスタマイズ機能の設定料は、1台あたり315円。同社では2009年5月31日までの期間限定で、カスタマイズ設定料が無料となるキャンペーンも実施する。

(Security NEXT - 2008/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ヤフー、携帯電話のSMSを活用したログイン認証を順次導入 - 従来パスワードは不要に
危険な無線LANへのアクセスを制限するサービス - アズジェント
マイナンバーカードを利用したオンライン向け本人確認サービス - サイバートラスト
サイバーソリューションズ、メールセキュリティ製品にマイナンバー監査機能
ソフトバンク、法人向けMDMにスマホアプリ監視ツール
SB、携帯電話向けに「迷惑電話ブロック」 - 発信時にも警告
FFRI、コンシューマー製品市場に参入 - スマホ向け診断ソフトを提供
携帯電話とパソコンを同期、暗号化にも対応した新サービス - BBモバイル
KDDI、法人向けSSOサービスを提供 - フィーチャーフォンの多段階認証に対応
日本ウェアバレー、データベースの不正アクセス対策製品を発売