Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパムの話題はすでに「ロンドンオリンピック」 - トレンドマイクロ調査

ニュースやウェブサービスに見せかけたスパムメールが大量に流通しているが、トレンドマイクロによれば、すでに4年後のロンドンオリンピックを話題にしたスパムが確認されているという。

トレンドマイクロが、10月に同社が観測したスパムの発生状況をまとめ、そのなかで伝えたもの。同社によれば10月は、スパムの流通量を示す「Worldwide Spam amount」は「90,891,023」で前月度の「66,470,097」から増加した。

ソーシャルエンジニアリングの手法を多様する傾向が続いており、ニュースや著名なウェブサービス、緊急性をともなう確認依頼といった手法が見られ、すでに4年後のロンドンオリンピックの話題を扱うスパムも登場しているという。

スパム配信国の首位は米国。前回トップだったロシアと入れ替わる形となった。また10位から3位へと韓国が急上昇し、トルコとブラジルが5位圏内をキープした。

同社によれば韓国からのスパムが増加した背景には、ボットネットの攻撃も影響しているという。イタリアやスペインなども、スパム配信国のランキングには顔を見せないが、ボット経由のスパム配信が活発だという。

11月の感謝祭や12月のクリスマスなど、イベントが重なる年末にかけて注意が必要と呼びかけている。
同社がまとめたスパム配信国のトップ10は以下のとおり。

1位:米国
2位:ロシア
3位:韓国
4位:トルコ
5位:ブラジル
6位:中国
7位:インド
8位:アルゼンチン
9位:コロンビア
10位:ポーランド

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/

(Security NEXT - 2008/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース