Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JA全農のサイトが不正アクセスで改ざん - 閲覧者にウイルス感染のおそれ

全国農業協同組合連合会(JA全農)のウェブサイトが不正アクセスを受け、ウイルスに感染するページへ誘導するスクリプトが埋め込まれていたことがわかった。

JA全農によれば、ウェブサイト内にあるJA関連団体へリンク集ページが、ウイルスがダウンロードされるウェブサイトへ誘導するよう改ざんされていたという。9月30日から10月25日まで断続的に不正アクセスを受けており、11月14日に改ざんが発覚した。

9月30日から改ざんが判明した11月14日までに問題のページへアクセスしていた場合、「JS_AGENT.IMK」や「JS_AGENT.NND」「JS_SCRIPT.CH」などウイルスに感染するおそれがある。個人情報の漏洩は現時点で確認されていないという。

「JS_AGENT.NND」「JS_SCRIPT.CH」は、最新のウイルスのため、感染による影響はわかっていないという。「JS_AGENT.IMK」については、トレンドマイクロによると「Adobe Flash Player」のインストール状態を確認し、バージョンによってswfファイルをダウンロードする。

JA全農では、ウェブサイトの公開を中止し、専門家による調査を行っている。また心当たりがある利用者へウイルスの感染の有無を確認し、必要に応じて駆除を行ってほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
福島信金でサイト改ざん、マルウェアやサポート詐欺に誘導
アノニマスが日本の政府機関を攻撃すると宣言 - 大規模攻撃に発展するおそれも
宮城県図書館サイトにDDoS攻撃 - 特定国より認証ページに大量アクセス
電子書籍作成サービスに不正アクセス、作品が改ざん - ロールバックで一部データが消失
WordPressの脆弱な追加機能狙う攻撃 - サイト間感染のおそれも
長野県立歴史館のサイトが改ざん - 第三者が画像や文言を追加
阪大の一部サイトが改ざん - 閲覧でマルウェア感染のおそれ
日本セーリング連盟のオリ強サイトが改ざん - 未使用の旧CMSが原因か