Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イーバンク銀で不正引出被害、RMT経由で換金か - 個人情報漏洩は否定

イーバンク銀行は、一部顧客の預金口座へ不正ログインがあり、金銭が不正に引き出されたと発表した。

11月10日以降に不正アクセスが行われ、電子マネーの購入やネット振込決済サービスなど、複数の被害が発生。被害額は140万円に上るという。RMT(リアルマネートレード)による換金を目的にオンラインゲームの通貨などを購入したと見られている。

同行では今回の不正引き出しの原因について、口座へアクセスするためのIDやパスワードなど、ほかのECサイトより入手し、暗証番号など推測されてアクセスされた可能性があるとしており、情報漏洩の発生については否定している。

同行では、利用者に対して他サイトと共通のIDやパスワードにせず、IPによるアクセス制限を行うなど自己防衛を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/11/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マネースクウェア・ジャパン、顧客情報約11万件の流出を確認
スマホフリック操作でネットバンクの操作を制限 - 三井住友銀ら
問合窓口への見積依頼メールにマルウェア、顧客情報が流出 - ゲオ
不正アクセスで個人情報2.2万件が流出の可能性 - ロングランプランニング
マルウェア感染で債務者情報が流出か - 新生銀行関連会社
PCに不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 自動車ディーラー
十八銀行で不正ログイン - 不正送金は確認されず
インシデントへ便乗、JTBのなりすましメールに注意を
研究室PCが踏み台に、詐欺メールをメアド約280万件へ送信 - 電通大
三菱東京UFJ銀、出会い系事業者への振込情報が流出 - 架空請求に悪用