Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

差分データを自動バックアップするSaaS型サービス - 日立電サ

日立電子サービスは、クライアントPC内のデータを自動バックアップしてデータセンターで保管する法人向けSaaS型サービス「安心バックアップサービス」を、2009年4月より開始する。

同サービスは、Iron Mountain Digitalのソフトウェア製品と同社のデータセンターを利用した法人向けオンラインストレージサービス。SaaS型サービスのためシステムの構築は不要で、クライアントPCにデータ送信用のソフトをインストールするだけで利用できる。

同サービスでは、差分データのみを自動で圧縮、暗号化し、5世代まで1カ月間保存される。また2カ所のデータセンターにより冗長化されている。データの復元は、一括だけでなく、ファイル単位で行うこともできる。

(Security NEXT - 2008/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
AOSデータ、セキュリティを強化したクラウドバックアップ - 医療業界などへ展開
サイト改ざんの予防から復旧まで対応するソリューション - ALSOK
クラウドで「秘文」を提供 - 日立ソリューションズ
デルら、「VMware Cloud on AWS」向けにデータ保護ソリューション
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
アクロニス、バックアップソフトに新版 - ランサム対策を強化
ソフォスとリコー、小規模向けにUTMのMSS - オンサイト対応まで支援
捜査機関向けAndroid調査ツールに新版 - LINEのトーク取得に対応
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic