Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

利用者や家族の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 滋賀の特別養護老人ホーム

滋賀県栗東市にある済生会の特別養護老人ホーム「淡海荘」において、利用者や家族の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明となっている。

紛失したUSBメモリには、利用者の一覧表やケアプラン、ケアチェック表、家族送付先シール、サービス担当者会議関連書類、個別機能訓練計画書など、複数の業務書類が保存されていた。いずれも施設利用者の氏名、住所、体の状況、家族の氏名、住所、電話番号など個人情報が含まれる。

職員は、USBメモリをズボンのポケットに入れて持ち歩いていたが、11月6日午後4時ごろ、紛失していることに気付いた。同日午後に施設内で紛失した可能性が高いという。

同施設では今回の事故を受け、対象となる利用者や家族に対し説明と謝罪を行う。また、外部へUSBメモリを持ち出すことの禁止やセキュリティ機能付きメモリへの切り替え、ネックストラップの使用など、再発防止策を実施する。

(Security NEXT - 2008/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員が学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 明星大
市内全世帯主の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 津久見市
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島市民病院
医療機関の患者情報含むUSBメモリを紛失 - エンパワーヘルスケア
入試出願者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 静岡県立大
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 昭和女子大
病院で患者情報含むUSBメモリが所在不明に
小学校教諭が個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 柏市
学生の個人情報含むUSBメモリが所在不明に - 大阪工業大
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 茨城県立中央病院