Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバ移管時の対策ミスで個人情報1万5836件が流出 - 吉本興業

吉本興業は、グループ企業において一部顧客の個人情報がインターネット上へ流出したと発表した。

同社では、2008年4月から7月にかけて利用するサーバを移管したが、そのなかの1台におけるセキュリティ対策が不十分で、メールマガジンの購読者情報などが外部に流出したと見られている。

流出した個人情報は1万5836件で、そのうち15836件はメールアドレスだった。また1907件については氏名や住所、11件については電話番号が含まれることが判明しているが、同社では流出の経緯など詳細を調べている。

同社では関係する顧客に対してメールや書面により謝罪する方針。

(Security NEXT - 2008/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

はんだごて通販サイトに不正アクセス - 意図しない顧客情報ファイルがサイト上に
トヨタ販売会社8社に不正アクセス - 顧客情報最大310万件が流出の可能性
「J SPORTS」で不具合 - 本人以外の個人情報閲覧や操作が可能に
歯科書籍の通販サイトに不正アクセス - 関連ポータルも影響か
予約システム「Coubic」に不正アクセス - 管理用PWを奪われる
流出した「宅ふぁいる便」顧客情報は481万5399件 - 受託ファイルの被害は確認されず
患者情報約3600件を含むHDDなど紛失 - 宇治市の病院
企業採用担当者や学生の個人情報を誤って公開 - 奈良先端大
「宅ふぁいる便」への不正アクセス、顧客情報約480万件の流出を確認
つり番組サイトに不正アクセス - 「脆弱性診断ツール」を悪用か