Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバ移管時の対策ミスで個人情報1万5836件が流出 - 吉本興業

吉本興業は、グループ企業において一部顧客の個人情報がインターネット上へ流出したと発表した。

同社では、2008年4月から7月にかけて利用するサーバを移管したが、そのなかの1台におけるセキュリティ対策が不十分で、メールマガジンの購読者情報などが外部に流出したと見られている。

流出した個人情報は1万5836件で、そのうち15836件はメールアドレスだった。また1907件については氏名や住所、11件については電話番号が含まれることが判明しているが、同社では流出の経緯など詳細を調べている。

同社では関係する顧客に対してメールや書面により謝罪する方針。

(Security NEXT - 2008/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
慶大、AO入試出願者の関連書類を誤表示 - システム不具合で
一部フランチャイズ店舗の顧客情報がネット上で閲覧可能に - モスバーガー
不正アクセスで不祥事対応の内部情報が流出 - 高知県立大
排卵検査薬の通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性
マニュアル作成サービスへの不正アクセスを否定 - 操作ミスが原因
保育園駐車場で車上荒らし、健診データ含む個人情報が盗難 - 三重県
通販サイトに不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - フレーバーライフ社
ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで