Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPAを詐称する不審メールが発生 - 標的型攻撃か

情報処理推進機構(IPA)は、同機構を装った不審メールが発生しているとして注意を呼びかけている。

同機構が運営するセキュリティセンターの組織名やメールアドレスを詐称したメールが特定の企業や組織に対して送信されているもので、メールには同センターが配信する情報を模倣したファイルが添付されているという。

同機構では、注意喚起や報告書の公表などに関するメールは、事前に配信登録したアドレス以外には送信しておらず、添付ファイルについても送信することもないとして、誤って添付ファイルなどを開いたりしないよう注意を呼びかけている。

特定の組織に対してウイルスに感染するファイルを送り付ける「標的型攻撃」は、ウイルス対策ソフトなどで検知されないケースも多く、同機構では、以前より相談窓口「不審メール110番」を設置している。

こうしたメールを受信したり、組織の名をかたり標的型攻撃メールが送信された場合などは連絡してほしいと呼びかけている。

不審メール110番
http://www.ipa.go.jp/security/virus/fushin110.html

情報処理推進機構
http://www.ipa.go.jp/

(Security NEXT - 2008/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA