Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパムの隔離領域を増強したスパム対策アプライアンス - テラステクノロジー

テラステクノロジーは、スパム対策アプライアンスの最新版「SPAM WATCHER A300」を発売した。

同製品は、ブリッジモードで動作し、MXレコードを変更せずに導入できるスパム対策アプライアンス。処理速度を向上させるため、メモリ上でキューイング処理を行う独自のMTA技術を採用。

RPD技術によるフィルタリングにくわえ、同社が開発したデータベースによる検知や学習機能により、日ごろのチューニング作業が不要だという。またメールによる情報漏洩の防止機能を搭載している。

今回の最新版では、スパム隔離領域の増強などハードウェアスペックを向上させた。隔離所容量は150Gバイトで、1日最大250万通を処理できる。価格は180万円。

(Security NEXT - 2008/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
Avast、中小企業向けセキュリティ対策製品 - AVGの技術を統合
ウォッチガード、UTMの新モデルを発表 - HTTPSトラフィックに最適化
国内で検知急増のランサム「Jaff」に復号化ツール
PS Japan、Panda製エンドポイント製品を発売 - 自動フォレンジック機能も
サンドボックスなど利用したメールセキュリティサービス - NTTネオメイト
メールセキュリティ製品「SPAMSNIPER AG」を発売 - キヤノンITS
カスペルスキー、SOCやCSIRT向けに脅威情報の検索サービス
キヤノンITS、Clavister製UTMを発売 - IoTへの応用も検討
ESET個人向け製品、新版でランサム対策など追加 - モニター版を公開