Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「緊急」1件を含む2件の月例セキュリティ更新プログラムを公開 - マイクロソフト

マイクロソフトは、11月の月例セキュリティ更新プログラム2件の提供を開始した。深刻度は「緊急」「重要」がそれぞれ1件となっている。

「緊急」とされるセキュリティ更新プログラム「MS08-069」は、「Microsoft XMLコアサービス」に関する複数の脆弱性を解消するもの。Internet Explorerにより悪意あるウェブサイトへアクセスした場合、リモートでコードが実行されるおそれがある。

一方、深刻度が「重要」のプログラム「MS08-068」は、すでに一般へ公開されている「Microsoft Server Message Blockプロトコル」の脆弱性へ対応するパッチ。こちらもリモートによる攻撃を可能とするもので、悪用された場合、不正なプログラムが実行されたり、データの流出や改変といったおそれがある。

2008年11月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms08-nov.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2008/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」