Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含むPCを電車内に置き忘れ - 着物販売チェーン

着物や宝石などの販売店を展開しているさが美は、顧客情報141件が保存されたノートパソコンを、従業員が帰宅途中に紛失したと発表した。

所在が不明になっているノートPCには、2007年9月21日以降に同社のお客様相談室に寄せられた問い合わせのうち、最大141件分が記録されていた。顧客の氏名、住所、電話番号、性別、問い合わせ内容などが含まれる。

10月28日に同社従業員が帰宅する途中、電車内に鞄ごと置き忘れた。下車したあとに紛失に気が付き、駅や警察へ紛失を届けた。同社では、対象となる顧客に説明や謝罪を行い、経済産業省へ事態を報告。不正利用などは確認されていないという。

(Security NEXT - 2008/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公害健康被害の不服審査に関する資料が盗難 - 環境省
寄付者の個人情報含むPCを一時紛失 - 生活困窮者支援のNPO法人
非常勤講師が持ち帰った答案用紙を紛失 - 金沢星稜大
8100人分の個人情報入りUSBメモリが所在不明 - 海城中高
PCを電車内で紛失、顧客情報含む可能性 - 医療系人材派遣会社
市立病院で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 横浜市
取引先関係者の個人情報含むスマホを紛失 - 日本金属
個人情報が保存されたノートPCが所在不明 - NICT
学生の個人情報含む書類やPCを紛失 - ニトリ
顧客情報含むPCを電車に置き忘れ紛失 - ヤマハ