Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医師が患者情報含む電子手帳を紛失 - 大阪市立総合医療センター

大阪市立総合医療センターは、患者情報を記録した電子手帳を、同センターに勤務する医師が紛失していたことを明らかにした。

所在が不明になっているのは、2006年3月から2008年7月までに、術中経食道心エコーの検査を受けた患者136人の氏名および病名などが記録されていた電子手帳。病名は英語の略字で記載されており、専門医以外は判別が困難だと同院では説明している。

同医師は9月5日に紛失に気付いたが、その後捜索を続けていたが見つからず、10月17日になって報告を行った。同センターでは、対象となる患者に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2008/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

患者情報9000件含むUSBメモリが所在不明 - 富山市民病院
人工呼吸器管理用タブレットが所在不明 - 岸和田市民病院
患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構
個人情報含む旧優生保護法関連の資料を公開 - 神奈川県
患者や研修医など個人情報5.7万件が所在不明 - 大崎市民病院
患者情報記載の書類を突風で飛ばされ紛失 - 千葉市
手術患者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 青梅市立総合病院
従業員による患者情報の無断取得、通報あるも対応に問題 - バイエル薬品
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 茨城県立中央病院
患者情報を紛失、匿名による郵送で発覚 - 神戸中央病院