Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブログで児童の個人情報を公開、児童福祉施設職員を懲戒処分 - 横浜市

横浜市は、児童福祉施設入所者の個人情報をインターネットのブログに掲載していたとして、子ども青年局の職員に対し懲戒処分を行った。

問題の職員は、入所者の個人情報を自身のブログで公開し、2007年1月から2008年5月まで19回にわたり個人情報を掲載していたという。今年5月に外部から指摘があり、本人に確認を行ったところ行為を認めたという。判明後はブログを閉鎖し、検索エンジンに対してキャッシュの削除を依頼している。

同市では、対象となる児童やその保護者に対して事情を説明し、謝罪。また同職員に対して減給10分の1、6カ月とする懲戒処分を実施。監督者など5人についても処分した。

(Security NEXT - 2008/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

堺市の有権者情報流出、データ拡散確認されず
職員個人契約のサーバから外郭団体名簿が流出 - 有権者情報は否定
アプリ案内メールを誤送信、メルアドが流出 - ゲームヴィル
「2ちゃんねる」の書き込み特定される事態に - 誹謗中傷書き込んだ小説家が謝罪
人気アプリとそっくりな不正アプリに注意 - 公式サイト上でも警戒を
個人情報を窃取するスマホアプリ、アフィリエイトを悪用 - 約8000件がダウンロード
Twitter、自社からのアカウント情報流出を否定 - 流出原因は外部サイトで大半はスパムアカウント
アメブロのタレントアカウント流出問題でホリプロ元契約社員が逮捕
アメーバブログへ不正アクセス、芸能人のアカウントなどが流出
アウトドア用品サイト「ナチュラム」に不正アクセス - 最大65万件の個人情報が流出