Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新聞折込チラシに顧客名簿が混入、一部回収できず - マツダ系ディーラー

マツダアンフィニ北海道の顧客名簿11枚が、新聞折込チラシに誤って混入し、配布されたたことがわかった。同社は個別訪問により回収にあたったが、一部所在がわかっていない。

誤って混入した顧客名簿は、同社厚別店が作成したもので、車両を購入した顧客101人の氏名、住所、電話番号が記載されていた。10月29日に同店ではプリンタで展示会の折込チラシ約2700枚を作成していたが、別に印刷した名簿は紛れ込み、11月1日に北海道新聞の販売店を通じて配布されたという。

配布日当日に新聞購読者からの連絡があり、流出が発覚。従業員が配達エリア内の約2700件を戸別訪問して回収にあたったが、6日の時点で回収できたのは11枚中4枚のみだった。同社では、対象となる顧客に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2008/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

学校が提出した個人情報含む書類を紛失 - 横浜市
印影など含む伝票約2.2万件が所在不明 - JA札幌
顧客情報記載の帳票が所在不明 - JAおおふなと
2支店で顧客情報記載の伝票紛失が判明 - 東京東信金
7店舗で休眠口座の印鑑届4795件を紛失 - 佐賀銀
患者情報1615件含む書類が所在不明 - 中電病院
学会配布の麻酔台帳ソフトに患者情報が混入 - バグ修正時のデータが残存
8支店で顧客情報9500件が所在不明 - 北海道銀
「IIJmio」の顧客情報保存した記憶媒体が所在不明
7支店で共済申込書の紛失が判明 - JAいび川