Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows Server Home Server Edition向け製品で不具合 - Kaspersky

Kaspersky Labs Japanは、「Kaspersky Anti-Virus for Windows Server Home Server Edition」において、不具合が見つかったとして、ユーザーへ対応方法などをアナウンスしている。

同社は、11月5日21時50分に公開した定義ファイルの更新で、サーバの再起動が必要となるアプリケーションモジュールの提供を開始しているが、再起動後にアクティベートに失敗し、定義ファイルの更新が行えなくなる不具合が判明したという。

同社では今回の問題を受け、ベクターによる同ソフトの販売についても一時休止し、問題の特定や修正を進めている。また心当たりがあるユーザーに対して「一時ライセンス」を適用した上で同社まで連絡してほしいと呼びかけている。

Kaspersky Labs Japan
http://www.kaspersky.co.jp/

(Security NEXT - 2008/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

迷惑メールフィルタの不具合で受信メール約1030万件が消失 - ソフトバンク
慶大、AO入試出願者の関連書類を誤表示 - システム不具合で
予約顧客宛の自動送信メールが他顧客に誤送信 - チョイスホテルズジャパン
会員の個人情報がネット上で閲覧可能に - 輸入家電販売サイト
特典付きCDの通販サイトで不具合 - 第三者による顧客情報閲覧のおそれ
スレーブの「BIND 9」、特定環境下で不具合 - 信頼できないゾーンの取扱時に影響
みずほ証券でシステム障害、オンライン取引やATM入出金に影響
「投稿を表示する相手」の選択肢設定に一時不具合 - Facebook
LINEで他ユーザーのタイムラインが表示される不具合 - 外部CDNの設定ミスで
Twitter、ハッシュ化前パスワードをログ保存 - 漏洩痕跡ないが変更検討求める