Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

6年前に廃棄したプレゼント応募はがきが流出、恐喝未遂事件に

パナホームが廃棄したキャンペーン応募はがき2951通が持ち去られ、買い取りを要求する恐喝未遂事件が発生していたことがわかった。すでに容疑者は逮捕され、はがきもすべて回収されているという。

外部に流出したのは、同社が2002年に吸収合併したパナホーム岡山が、1996年12月に実施した「百万円プレゼント」応募はがき2951件。応募者の氏名、住所、電話番号、年齢、職業などが記載されていた。

2002年9月の合併時に事務所の移転を行った際、応募はがきを紙袋に入れてほかの不要書類とともに廃棄したが、何者かにはがきを持ち去られたという。2008年6月23日にはがきを入手した人物から返還と引き換えに金銭を要求され、同社では警察へ被害を届けた。

容疑者は6月27日に逮捕され、同社は9月26日に検察庁から回収したはがきの返還を受け、対象となる顧客が特定できたことから、説明と謝罪など個別に対応した。また今回の事件を受け、個人情報が含まれる書類の廃棄方法に不備があったとして、再発防止策を講じるとしている。

(Security NEXT - 2008/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールサーバへの不正アクセス、原因わからず - 優良住宅ローン
融資関連など顧客情報3.7万件が流出、金銭要求する脅迫メールも - 優良住宅ローン
アークンへの不正アクセス - 管理者アカウントでログインか
上場直後のセキュリティ企業に不正侵入 - 金銭要求で発覚
日本年金機構の個人情報漏洩に便乗する「個人情報削除詐欺」へ警戒を
業務情報含むPCを紛失、回収するもログインされた形跡 - サイボウズ
足利銀の不正ログインは「アカウントリスト型攻撃」 - 15件でログイン成功
外部から個人情報流出の指摘、流出経路を調査 - 総合メディカル
「The Movie」だけじゃない「個人情報窃取アプリ」は44件 - AKBやアダルト便乗、レシピアプリも
職員が個人情報含む被保険者名簿を受給者に流出、未だ返還されず - 日本年金機構