Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Autorun」や偽セキュリティソフトの押し売りプログラム「FAKEAV」が急増

情報処理推進機構(IPA)は、10月におけるウイルスや不正アクセスの届け出状況を発表した。増加が続いていたワンクリック詐欺に関する相談は減少したものの、USBメモリで感染を広げる「Autorun」の急増に伴いウイルス検出数が2割増加するなど、大きな動きがみられた。

10月のウイルス検出数は約27万個で、9月の約22万個から23.7%増加した。また、同日中に発見された同種のウイルスを1件とカウントする届出件数は1839件で、9月の1875件から1.9%の減少となった。

検出数の1位は「Netsky」だが、全体に占める割合は69.8%と大きく後退。一方、急激な増加を見せたのがUSBメモリで感染を広げる「Autorun」。約6万2000個が検出され全体の23.0%を占めて2位となった。

また10月には、「セキュリティソフトの押し売り行為」を行う不正プログラム「FAKEAV」が急増している。多くはメールの添付ファイルとして流通しており、特定の期間に急増するなど作為的な動きから、ボットネットによる大量配信の可能性があるという。

不正アクセスの届出件数は17件で、9月の14件から微増した。被害があった12件の内訳は、侵入4件、アドレス詐称1件、その他7件だった。また58件の相談が寄せられ、そのうち22件で被害が発生している。

不正アクセスの被害では、他サイト攻撃の踏み台として悪用されたケースが3件、SQLインジェクションによるデータベースのデータ改ざんが1件発生した。また、なりすましによる被害件数も増えており、ネットオークションで2件、オンラインゲーム1件、ウェブメール1件、その他1件が報告された。

10月に同機構へ寄せられた相談総件数は1171件で、過去最多を記録した9月の2154件から大幅に減少した。そのうち「ワンクリック不正請求」に関する相談は305件。これも最多記録を更新した9月から半減している。また「セキュリティソフトの押し売り行為」に関する相談は31件、Winnyに関する相談も5件寄せられている。

(Security NEXT - 2008/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に
「ウイルス検出」とだます偽警告、相談件数が高水準で推移