Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性対策の意志決定をサポートする「VRDAフィード」を提供 - JPCERT/CC

JPCERTコーディネーションセンターは、脆弱性対応における意思決定を支援する情報提供サービス「VRDA(Vulnerability Response Decision Assistance)フィード」の試行配信を開始した。

同サービスは、脆弱性に関連した情報を分析基準項目に応じて分析し、定型データフォーマットにより配信することで脆弱性対応への支援を行うもの。CERT/CCの協力を受けて試行サービスを公開した。XML版に加えてHTML版も用意しており、ブラウザやフィードリーダーから利用できる。

脆弱性対応のための意志決定支援を行うシステム「KENGINE」のデータ配信システムとして準備していたが、より幅広く活用できる情報であるとして一般向けに公開した。脆弱性の概要や影響を受けるシステムや分析内容、関連情報など提供され、利用者は、脆弱性関連情報の収集や分析などのコストを低減できる。

(Security NEXT - 2008/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
制御システムのセキュリティ担当者向けに演習実施 - IPA
2019年1Q、脆弱性の届出は122件 - ソフト関連倍増
「JVN iPedia」登録件数、前四半期比1.3倍 - 制御システムは161件
サイボウズ、「バグハンター合宿」を開催 - 脆弱性155件を認定
経産省策定基準の適合セキュリティサービスリストを公開 - IPA
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
セキュリティ情報共有のポイントを整理した資料に改訂版 - ISOG-J
「情報セキュリティサービス基準適合サービス」が100件を突破