Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

乱数表の位置からワンタイムパスワードを作成する「PassLogic」がバージョンアップ

パスロジは、乱数表の位置からワンタイムパスワードを生成する認証ソリューション「PassLogic」の最新版を発売した。

最新版となる「同Ver3.0」では、乱数表におけるパスワードの位置を決定する際、禁止パターンやパスワード位置の有効期限を設定できるようになった。また「ActiveDirectory」や「LDAP」「SQL」との同期機能を強化し、ユーザーIDの一元管理を実現している。

さらに登録通知の印刷機能やユーザーアカウント登録手順を簡略化するなど、管理者の使い勝手を向上させたほか、画面のカスタマイズに便利なユーザーインターフェイスのテンプレートを用意している。

(Security NEXT - 2008/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE
認証システム「RSA SecurID Access」に新版 - リスクベース認証を追加
楽天銀、法人口座利用者向けにOTPスマホアプリを提供
OBC、「Azure」を活用したマイナンバー管理サービス
ソルクシーズ、マイナンバーを収集管理するクラウドサービス
NTTコム、1600超のサービスに対応したSSOサービス
IIJ、スマホ用無料OTPアプリ - 端末変更時の移行にも対応
三菱東京UFJ、ネットバンク利用者にカード型トークン
ソフトクリエイト、cybozu.comでSSOを実現するオプション提供
NTTコム、企業向けSSOサービスのトライアル提供を開始