Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トイレの離席時、4割弱が無防備 - アイシェア調査

トイレによる離席時に、セキュリティ対策を実施していないユーザーが4割弱に上ることがアイシェアの調査で明らかになった。

同社が、20代から40代を中心とするネットユーザーの会員に対して調査を実施し、判明したもの。仕事でPCを利用する331人の回答をまとめた。回答者の7割が顧客データを取り扱っている。

昼休みにおけるパソコンのセキュリティ対策について尋ねたところ、「スクリーンセーバーにしてロックをかけている」との回答が28.7%。また「スクリーンセーバーにしている(13.6%)」「シャットダウンしている(13.3%)」と続く一方、「何もしていない」との回答も20.5%に達した。

さらにトイレなど、10分の離席の場合は、「何もしていない」との回答が38.1%まで上昇。「スクリーンセーバーによるロック」の31.7%を大きく上回り、さらに「スクリーンセーバー(11.8%)」「シャットダウン(2.4%)」といった対策を行うユーザーは減少した。

パソコン利用に関するルールや運用規定について「厳しい規定がある」と回答した人は38.4%。「規定はあるが自身の判断によることが多い」の19.3%をはじめ、「規定はあるが割と自由」が18.7%。「規定がない」は23.6%など、ユーザー任せの運用が目立った。

また会社側から顧客情報や企業データについて指導が行われているケースは69.2%に達しているが、30.8%は指導がなかった。

(Security NEXT - 2008/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
2016年の国内IoTセキュリティ製品市場は518億円 - 前年比27.5%増
金融機関の3割でサイバー攻撃が発生 - 1割が「経営に影響」と回答
約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円
Fintech利用は20人に1人、3割超が普及に「不安」 - 情報流出やなりすまし、悪質業者参入に懸念
中小企業の5.1%がマルウェア感染を経験 - 被害は「データ破壊」が最多
中小企業の6.2%がサイバー攻撃を経験 - 標的型攻撃が最多、ランサムも
子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も
中小企業の8割、年間セキュリティ予算は50万円以下 - 7%でランサム被害
2016年度の国内セキュリティ市場は9327億円 - 成長やや鈍化するものの堅調