Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1万8000人分の患者情報が流出のおそれ - 品川近視クリニック

品川近視クリニックは、患者情報の一部が外部へ漏洩したことを明らかにした。1万8000人分に上る可能性があるという。

11月2日に外部より指摘を受けて判明したもので、同院が使用していた管理システムに保存されていた患者の個人情報が外部へ流出していたことが判明した。

流出したデータが保存されていたシステム内部には、2004年10月から2006年2月までに同院を利用した患者情報約1万8000人分が保存されており、氏名や住所、電話番号、生年月日、カルテ番号などで診療情報は含まれていないと同院では説明している。

同院によれば、個人情報の悪用などは確認していないという。また関連する患者へ書面で謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2008/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

医療機器メーカー元従業員が書類送検 - 患者や顧客、技術情報など不正持出
患者の顔画像含むタブレット端末を紛失 - 国立精神・神経医療研究センター
患者情報約3600件を含むHDDなど紛失 - 宇治市の病院
お知らせメール誤送信で患者のメアド流出 - 広島の産婦人科
患者情報含むUSBメモリ3本が所在不明 - 大阪市大付属病院
レターパックで送付した妊婦や乳児の健康診断受診票が所在不明
患者情報含む書類が車上荒らしで盗難 - 香川大付属病院
移植患者情報含む書類をドナーに誤送付 - 日本骨髄バンク
クライアントである歯科や患者情報含むHDDを紛失 - 船井総研
造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院