Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1万8000人分の患者情報が流出のおそれ - 品川近視クリニック

品川近視クリニックは、患者情報の一部が外部へ漏洩したことを明らかにした。1万8000人分に上る可能性があるという。

11月2日に外部より指摘を受けて判明したもので、同院が使用していた管理システムに保存されていた患者の個人情報が外部へ流出していたことが判明した。

流出したデータが保存されていたシステム内部には、2004年10月から2006年2月までに同院を利用した患者情報約1万8000人分が保存されており、氏名や住所、電話番号、生年月日、カルテ番号などで診療情報は含まれていないと同院では説明している。

同院によれば、個人情報の悪用などは確認していないという。また関連する患者へ書面で謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2008/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター
患者情報含むHDDを紛失 - 鹿児島市の総合病院
診療予約サービスに不正アクセス - 患者情報約60万件が流出か
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島市民病院
医療機関の患者情報含むUSBメモリを紛失 - エンパワーヘルスケア
病院で患者情報含むUSBメモリが所在不明に
従業員による患者情報の無断取得、通報あるも対応に問題 - バイエル薬品
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 茨城県立中央病院
治験データ8300件が所在不明 - 医薬品医療機器総合機構
患者の個人情報、委託先が持ち出し紛失 - 高知大病院