Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブランド力強化のため「エフセキュア」に社名を変更

日本エフ・セキュアが、社名を11月1日より「エフセキュア」へ変更した。

同社はフィンランドのセキュリティベンダー「F-Secure」の日本法人として1999年5月に設立。Linux向けセキュリティ対策製品など日本主導で積極的に開発を進めている。

また主力となる企業向け製品に加え、2006年よりコンシューマー向け製品の提供を開始。フィンランド生まれのキャラクター「ムーミン」を採用するなど話題を集めた。

今回の社名変更にともない、製品名に使用していた「F-Secure」についても11月22日より「エフセキュア」へ統一を図り、ブランド力の強化を目指す。

(Security NEXT - 2008/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

チケットキャンプ、本人認証を厳格化 - 不正出品対策で
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
メルカリ、12月上旬より初回出品時の個人情報登録を義務化
仕様変更によるChrome警告表示に冷静な対応呼びかけ - IPA
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
偽サイトのURL、9月だけで1000件超 - フィッシング報告も5カ月連続増
ミラクル・リナックスとサイバートラストが合併 - 成長戦略に「セキュアIoT」
Bitcoin分裂危機、一部事業者が取引を一時停止 - 分裂の影響は不透明
携帯契約時の代理人本人確認に不備 - ソフトバンクに是正命令
ボットネット「Avalanche」の国内感染端末が約3分の2に - 依然1万台以上が感染中