Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

手術患者10人分の病理レポートが所在不明 - 埼玉県立がんセンター

埼玉県立がんセンターが、手術を受けた患者の診療情報が記載されている書類を紛失していたことがわかった。

所在不明となっているのは、乳腺外科手術で摘出した組織の病理レポート。氏名や年齢、患者番号のほか、病名、臨床経過、手術所見、病理学的所見など、患者10人分の個人情報が記載されていたという。

10月22日に同センターの医師が患者へ病理結果を説明しようとした際、紛失へ気が付いた。10月9日から翌10日までの間に紛失したと見られている。同院では関係者へ状況を説明し、謝罪。外部への流失や不正使用などは確認されていないとしており、引き続き書類の探索を進めている。

(Security NEXT - 2008/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県
紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市
小学校で児童の個人情報を紛失 - 福岡市
幼稚園で園児の画像含むカメラを紛失 - 茨木市
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
高校で生徒の緊急連絡先カードが所在不明 - 愛知県
顧客情報含む携帯端末を営業活動中に紛失 - ハナ信組
性格など記載された小学校名簿が町内掲示板に - 仙台市
府立校9校で指導要録の紛失が判明、一部復元できず - 大阪府