Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本HP、ノートPC15機種のバッテリパックに異常発熱のおそれ - 無償交換を開始

日本ヒューレット・パッカードは、ノートPCの15機種において、付属のバッテリパックに過熱や発火などが発生するおそれがあるとして、無償交換を開始した。

同社製のノートPC「HP Compaq Notebook PC」において、国内未発売の8機種を含む計15機種に付属のバッテリパックに、過熱や発火が発生する可能性があることが判明。使用を続ければやけどを負うおそれもあることから、自主回収と無償交換を実施する。

対象となるのは、2004年12月から2006年6月の間に製造されたノートPCに装着されたバッテリパックで、国内では約600個、世界では約7万4000個が流通しているという。同社では自主回収プログラムを開始し、無償交換申し込み専用のサイトと、問い合わせ窓口を設置して対応する。

また、同社ではホームページ上で対象製品とバッテリパックの確認方法を公開するとともに、11月1日の全国紙朝刊において社告を掲載し、ユーザーに注意を喚起するとしている。

日本ヒューレット・パッカード
http://www.hp.com/jp/

(Security NEXT - 2008/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

取引先への案内メール約3000件を誤送信 - アットホーム
月例パッチ起因の「Outlook」不具合、緊急修正プログラム適用でクラッシュのおそれ
信用情報機関へ誤情報を登録、システム不具合で - ヤマトクレジット
メルマガでユーザーのメアド流出、システム不具合で - ネクソン
フォトブック作成サービス「ノハナ」で不具合 - 一部登録者の個人情報が閲覧可能に
Webrootで誤検知が発生、13分後に修正 - 影響範囲など調査中
福岡県で退職職員のマイナンバーを誤送付 - プログラムの不具合か
雑貨通販サイトでシステム不具合 - 顧客情報の誤表示など発生
システムエラーで個人情報がメール差出人情報に - FUJI-Wifi
通販サイトで顧客情報をキャッシュ、誤表示する不具合 - フェリシモ