Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

確認怠り求職者へ別人のハローワークカードを誤交付 - 千葉労働局

厚生労働省千葉労働局は、個人情報が記載されているハローワークカードの誤交付が発生したと発表した。

千葉公共職業安定所において、求職者の希望に応じて9月16日にハローワークカードを交付する際、誤って同じ生年月日である別人のカードを交付したもの。カードを作成する際、生年月日以外の情報を確認しておらず、交付時にも氏名による本人確認なども行っていなかった。

17日になってハローワークカードのコピーを確認する機会があり、誤交付が判明。誤交付していた求職者宅を訪問し、事情を説明。謝罪してカードを回収した。また、カードへ個人情報が記載され、個人情報が流出した別の求職者に対しても謝罪している。

同安定所では、入力内容の確認徹底や個人情報保護の研修実施など再発防止に取り組むという。

(Security NEXT - 2008/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

11月のマイナンバー郵送事故、全国で130件
マイナンバー通知書の配送事故、11月に入り全国で38件
マイナンバー通知書の一時紛失や誤交付が発生 - 埼玉
介護保険認定者リストの誤交付判明後も職員直接回収せず - 大阪市旭区
住民票の紛失や領収書の誤交付など個人情報関連の事故2件を公表 - 横須賀市
メール誤送信や交付ミスなど複数の個人情報関連事故を公表 - 横浜市
書類の誤交付や紛失、メール誤送信など個人情報関連事故6件を公表 - 横浜市
書類の誤交付や紛失など個人情報関連事故5件を公表 - 横浜市
2件の個人情報関連事故を公表 - 静岡市
3月上旬に判明した個人情報漏洩事故6件を公表 - 横浜市