Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Serverサービスの脆弱性を狙う「WORM_GIMMIV.A」を確認 - トレンドマイクロ

WindowsのServerサービスに存在する脆弱性「MS08-067」を攻撃するワーム「WORM_GIMMIV.A」が発生している。

トレンドマイクロが伝えたもので、セキュリティ更新プログラムが定例外で公開された24日に、脆弱性を利用するウイルスにより「TSPY_GIMMIV.A」へ感染する被害がオランダや米国など複数国で発生していた。

同社では詳細を調べていたが、「TSPY_GIMMIV.A」への感染は「WORM_GIMMIV.A」の活動であることが25日に判明したという。同社では「WORM_GIMMIV.A」について危険度は「低」としながらも、ワーム感染やファイルのダウンロード、レジストリの改変など行い、ダメージ度、感染力のいずれも「高」に設定している。

また、シマンテックをはじめとするセキュリティベンダー各社も「Trojan.Gimmiv.A」などとして同様に感染を確認したと公表している。

一方マイクロソフトでは、脆弱性を悪用するコードが公開され、標的型攻撃が発生していることについては28日のアドバイザリで認めているものの、ワームの発生については否定している。

(Security NEXT - 2008/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

悪用難しいと思われた「Office脆弱性」、公表2週間でマルウェアに - Visa偽装メールで拡散
セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
新種ランサム「Bad Rabbit」は「EternalRomance」を悪用
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
「Petya」類似の新種ランサム「Bad Rabbit」 - ニュースサイト経由で感染誘導
ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す