Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

RFIDタグを利用した文書の持ち出し監視ソリューション - MDIT

三菱電機インフォメーションテクノロジーは、RFIDタグにより紙文書の持ち出しを監視する文書管理ソリューション「LogAuditor TagGate」を、11月15日より発売する。

同製品は、RFIDのICタグを貼付することで、紙文書の持ち込みや持ち出しを監視するとともに、廃棄管理や棚卸しの効率化を実現する文書管理ソリューション。保管庫の出入り口に設置された読取装置にタグをかざすことなく、通過するだけで複数文書の検知が可能。

棚卸しの際に目視やバーコードで個別確認していた作業を、タグを一括読取りすることで効率的に行える。文書の移動はログとして管理されるため、書類の不正持出や紛失が発生した際の追跡調査が可能。価格は630万円。

(Security NEXT - 2008/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス
ラック、SOCサービスに保険付帯パッケージ - 調査費用や復旧費用をカバー
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
ソフォスとリコー、小規模向けにUTMのMSS - オンサイト対応まで支援
JPCERT/CC、Windows「Sysmon」ログの解析可視化ツールを開発 - GitHubで公開
日本オラクル、セキュリティ分析や自動対処などの新サービス - SOC向けサービス群として展開