Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

無線LANのトラブル防ぐサイトサーベイサービス - ディアイティ

ディアイティは、無線LANの構築を支援するサイトサーベイサービスを提供開始した。

無線LANの設計や構築をサポートするサービスで、導入前後にサイトサーベイを実施し、電波の到達範囲を「可視化」し、サイトの電波環境などを調査し、レポートする。

同社によれば、「接続が切れる」「つながらない」といったトラブルの報告が多いが多くは機器の問題ではなく、設計によるもので、こうした問題に対してサイトサーベイが重要との認識から今回サービスメニュー化したという。

サービスでは、無線LAN機器を特定せず、基本メニューとして導入前調査、仮設置調査、導入後調査を提供。社内外から発せられる無線電波、電波干渉、上下階の電波状況、設置されたアクセスポイントの電波到達範囲を調査し、レポートする。

(Security NEXT - 2008/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

危険な無線LANへのアクセスを制限するサービス - アズジェント
「ノートンWiFiプライバシー」の対応プラットフォームが拡充
ALSI、公衆無線LAN提供事業者向けのフィルタリングプラットフォーム
トレンド、無料Wi-Fiの盗聴リスクを低減するアプリ - 時間や通信量制限なし
カスペルスキー、2017年版をリリース - ソフトの断捨離機能も
WEPキーの盗難対策などを搭載した無線LANアクセスポイント
チェック・ポイント、SMB市場向けにUTM2モデルを追加
危険な国や地域への接続をブロックする無線LANルータ「SAKOKU」
トレンド、公衆無線LAN向けセキュリティサービス
ALSI、漏洩対策製品「InterSafe ILP 4.4」をリリース