Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2008年第2四半期の国内フィッシング攻撃はわずか6件 - フィッシング対策協議会まとめ

フィッシング対策協議会は、2008年第2四半期のフィッシングに関する調査レポートを取りまとめ、公表した。

国内におけるフィッシングサイト報告件数は、2007年第4四半期に54件と過去最悪を記録したものの、2008年第1四半期に34件へ減少。さらに第2四半期に入ってからは6件へと激減したという。

一方、ブランドの悪用については、ヤフーやキャッシング事業者を騙るケースが、それぞれ4月に1件、6月に3件が発生。また海外事業者のブランドを悪用するケースは5件に上り、「Bank of America」「PayPAl」「Google AdWords」「First Bank」「Sun Trust Bank」などが利用された。

また海外については、Anti Phishing Working Groupにおける2008年第1四半期の報告件数に触れ、2月に3万716件とピークに達し、2008年4半期では8万5630件だった。

(Security NEXT - 2008/10/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
フィッシング報告数、前月比約2.3倍に - 悪用URLの増加は限定的
フィッシングサイトのURLが前月比約1.2倍に - 悪用されるブランドも増加
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
精巧なネットバンクの偽アプリ、見た目で真偽の判断つかず
2017年はフィッシング攻撃数が大幅減 - マルウェアに移行か
フィッシング報告、2カ月連続で減少 - 800件台に
12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化