Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PCI DSSやITILのコンプライアンススイートを搭載したログ管理製品 - LogLogic

LogLogic Japanは、統合ログ管理アプライアンス「LogLogic 4.4i MX2010日本語版」、およびWindowsサーバのログを収集、管理するゲートウェイアプライアンス「LogLogic LG400」を提供開始した。

「LogLogic 4.4i MX2010日本語版」は、あらゆるデバイス、OS、アプリケーションからのログデータを収集し一元管理できる統合ログ管理アプライアンス。最新のログ管理エンジン「LogLogic 4.4i」と2Tバイトのストレージを搭載している。

「PCIアプライアンス」「HIPAAアプライアンス」「SOXアプライアンス」「ITILアプライアンス」のコンプライアンススイートを搭載した4モデルを用意。それぞれカスタマイズ可能な100以上のアラートやレポートが提供され、IDやアクセス管理、変更管理、セキュリティ管理、事業継続計画、パフォーマンス管理など対応できる。価格は945万円。

「LogLogic LG400」は、Windowsイベントログをエージェントレスで収集して変換するゲートウェイアプライアンス。管理対象システムに常駐ソフトをインストールする必要なく、遠隔地にある最大500台のWindowsシステムログを収集できる。価格は378万円。

(Security NEXT - 2008/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバログ管理ソフトにランサム攻撃の検知機能 - オレガ
IBM、SOCサービスを強化 - マルチベンダー対応の監視サービス
富士通FIP、「PCI DSS」準拠を支援するクラウドサービス
インテック、統合ログ管理製品にブラックリストとの突合機能
日立、「Splunk」の検知情報から機器を隔離するソリューション
MOTEX、中小企業向けにセキュリティアプライアンス
日立電線、認証アプライアンスに新版 - ログ製品と連携機能を追加
権限委譲やアプリ連携などログオン認証製品を機能強化
NEC、MSとの協業により「AD」のセキュリティ対策支援サービス
NRIセキュア、特権IDアクセス管理ソリューションに新オプション