Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チューニング不要の中堅中規模企業向けWAFをリリース - Imperva Japan

Imperva Japanは、ウェブアプリケーションやデータベースを保護する中堅中規模企業向けウェブアプリケーションファイアウォール「SecureSphere SE」を11月1日より提供開始する。

同製品は、ホワイトリスト、ブラックリストを組み合わせて利用する中堅中規模企業向けウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)。同社より定義ファイルが配信されるため手作業によるチューニングや設定が不要。

データの利用パターンなどアプリケーションのふるまいを学習して、セキュリティポリシーを自動更新する「ダイナミックプロファイリング」を搭載。利用状況を分析する際もアプリやデータベースの変更は不要で、「トランスペアレントインスペクション機能」によりギガビット単位のトランザクションをミリ秒以下の遅延に抑えたという。

(Security NEXT - 2008/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
CASBを利用したクラウド利用状況の可視化サービス - 日商エレ
AWS利用のスタートアップ企業に「Deep Security」を1年感無料で - トレンド
SOCなどで収集した日本特有の脅威情報を提供 - ラック
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
パロアルト、エンドポイントのプロファイル化で脅威検出するソリューション
日商エレ、ネットワーク脅威検知のVectra Networksに出資
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
AWS WAF向けにシグネチャ提供サービス - CSC