Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

147万件の自動車重量税納付書を誤廃棄 - 関東運輸局

国土交通省関東運輸局は、2003年から2004年までの自動車重量税納付書を誤って廃棄したと発表した。

同局が自動車の登録や検査関連の書類について検査を実施したところ、東京運輸支局の練馬や多摩、八王子の自動車検査登録事務所において、自動車重量税納付書147万1247件の誤廃棄が判明したもの。もっとも誤廃棄多かったのは多摩自動車検査登録事務所で、795日分99万5023件を誤廃棄していた。

同書類は、5年間の保存期間が設けられており、いずれも満了前だったが、期限が経過した書類とともに誤って処理してしまったという。納付確認作業は完了しており、溶解処理を行っているため個人情報の流出もないと同局では説明している。

(Security NEXT - 2008/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含む書類が所在不明、誤廃棄か - 青森銀
長野県、薬剤師免許申請書類を紛失 - 業務には影響なし
取引情報8.4万件含むATM記録紙を紛失 - 北おおさか信金
市営住宅入居者情報、断り切れずコピー許す - 伊賀市
中学校で生徒の個人情報が所在不明に - 堺市
印影など含む帳票を保存箱ごと紛失、誤廃棄か - JAちばみどり
患者情報含む廃棄書類が運搬中に飛散 - 都内病院で
修理工事の領収証控が所在不明、誤廃棄の可能性 - 東京ガス
動物取扱責任者の変更届出書などを紛失 - 大阪府
住民の個人情報含む書類を紛失 - 杉戸町