Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Ubuntu」にも対応したLinux向けセキュリティ製品を発売 - 日本エフ・セキュア

日本エフ・セキュアは、3種類のLinux向けセキュリティ対策製品を発売した。

今回発売する「エフセキュアLinuxセキュリティ」は、「エフセキュアLinuxサーバセキュリティ」のバージョンアップ版。国内で人気が高いディストリビューション「SentOS V4」「同V5」「Ubuntu V8.04」へ対応している。用途に応じてフルエディションとコマンドライン版を用意した。

「同フルエディション」は、ウイルスやスパイウェア対策、ファイアウォール、不正侵入防止機能などを提供する。最新版では、ウイルス検知エンジンの統合やキャッシングの改良など実施し、パフォーマンスの向上を目指した。

一方、GUIを持たない「同コマンドラインエディション」は、データセンターなどリモート環境向けに開発されたもので、コマンドラインベースでマニュアルスキャンが行える。

また外部からウイルスが侵入することを防止するゲートウェイ製品「エフセキュアアンチウィルスLinuxゲートウェイ V3.0」を発売する。最新版では管理画面を改善したほか、ログ検索機能やパフォーマンスの向上など機能を強化した。

(Security NEXT - 2008/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
キヤノンITS、フィルタリングソフトに新版 - マルウェア通信の検知機能など追加
カスペ、Linux向けセキュリティ対策製品に新版 - ブート領域やメモリ上のマルウェア検知が可能に
ファイア・アイ、エンドポイント製品をクラウドや仮想アプライアンスで提供
レノボ、OPSWATとサーバを組み合わせたソリューション
ルネサス、車載システム向けに仮想環境を提供 - セキュリティ対策パッケージも
日立システムズ、IoT機器へのサイバー攻撃を検知するサービス
「CentOS 5」の延命サービス - 2020年までパッチ提供
EOL迎える「RHEL5」「CentOS 5」利用者向けに移行支援 - HASHコンサル