Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報を消し忘れた医師の私用PCが盗難 - 済生会

済生会平塚病院の医師宅に何者かが侵入し、入院患者86人の個人情報が保存されたパソコンが盗まれたことがわかった。

持ち去られたパソコンには、2008年9月1日から10月6日までに、整形外科に入院していた患者86人の個人情報などが保存されていた。氏名、年齢のほか、病室番号、入院日、主治医名、病名、手術日、手術名、術後日数、入院日数、退院予定日など医療情報も含まれる。

同医師は、院内のパソコンが故障したため、暫定的に私用パソコンを持ち込み、使用した業務情報はUSBメモリに保存して院内で管理していたが、自宅に持ち帰る際にパソコン内のデータを消去し忘れ、10月9日夕方に盗難に遭ったという。

同院では、対象となる患者に説明と謝罪し、職員を緊急召集して再発防止の徹底を指導した。

(Security NEXT - 2008/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

音楽教室生徒の個人情報が盗難被害 - 河合楽器
患者情報約3600件を含むHDDなど紛失 - 宇治市の病院
学生の個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 長岡技術科学大
COP24会場でUSBメモリとPCが盗難か、PW記載した書類も - 環境省
患者情報含む書類が車上荒らしで盗難 - 香川大付属病院
マイナンバーカード盗難で職員3人を懲戒処分 - 横浜市
介護認定申請書類が所在不明、誤廃棄か - 習志野市
患者情報が記録されたHDDが所在不明 - 徳島市民病院
顧客情報含むPCが盗難被害 - 人事コンサルティング会社
路上で顧客情報が鞄ごと盗難 - 日神不動産