Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、海外拠点向けセキュリティ研修サービスを開始

NTTコミュニケーションズは、海外拠点の現地従業員を対象としたセキュリティ研修サービス「グローバルセキュリティ研修サービス」を11月1日より提供する。

同サービスは、中国をはじめ、タイ、インドネシア、シンガポール、ベトナムなどアジア地域の海外拠点において日本語や英語だけでなく、中国語、タイ語、インドネシア語によるセキュリティ研修を提供する研修サービス。セキュリティ研修の計画策定から実施、効果測定などを提供する。

同社では、すでに海外拠点を展開する企業へ「グローバルセキュリティマネジメントサービス」を提供しており、今回教育サービスについても対応した。

(Security NEXT - 2008/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性学習ツール「AppGoat」を効率良く活用するための手引き - IPA
チエル、教育機関向けにファイル暗号化ソリューション
ソフバンテク、CSIRT早期構築を支援するサービス
売り切れだった「セキュリティ専門家 人狼」、増刷に向けてアンケート
安川情報、IoTとAIを活用した教育機関向けセキュリティシステム
オージス総研、マルウェアメール受信後の状況報告などを訓練するサービス
JNSA、セキュリティ学べるカードゲーム「セキュリティ専門家 人狼」を発売
日立、サイバー攻撃の情報共有や対応強化で地銀と協力
「IBM Watson for Cyber Security」がベータプログラム - 40組織が参加
ファイア・アイ、アカデミック版を期間限定で提供