Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、海外拠点向けセキュリティ研修サービスを開始

NTTコミュニケーションズは、海外拠点の現地従業員を対象としたセキュリティ研修サービス「グローバルセキュリティ研修サービス」を11月1日より提供する。

同サービスは、中国をはじめ、タイ、インドネシア、シンガポール、ベトナムなどアジア地域の海外拠点において日本語や英語だけでなく、中国語、タイ語、インドネシア語によるセキュリティ研修を提供する研修サービス。セキュリティ研修の計画策定から実施、効果測定などを提供する。

同社では、すでに海外拠点を展開する企業へ「グローバルセキュリティマネジメントサービス」を提供しており、今回教育サービスについても対応した。

(Security NEXT - 2008/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chromebook」利用の教育機関向けにウェブフィルタリングサービス
セキュリティエンジニア育成に特化した4年制専攻 - OCA大阪デザイン&IT専門学校
受講者に則した演習環境を自動生成する「CYDERANGE」を開発 - NICT
ファイア・アイ、アカデミックパッケージを刷新 - 全製品を対象に
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
WatchGuard、Percipient Networksを買収 - DNSによる遮断機能を取得
脆弱性学習ツール「AppGoat」を効率良く活用するための手引き - IPA
チエル、教育機関向けにファイル暗号化ソリューション
ソフバンテク、CSIRT早期構築を支援するサービス
売り切れだった「セキュリティ専門家 人狼」、増刷に向けてアンケート