Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

介護支援専門員試験の受験者情報含む運営マニュアルを紛失 - 千葉県社会福祉協議会

千葉県社会福祉協議会は、2008年度の「千葉県介護支援専門員実務研修受講試験」受験者15人の個人情報が記載された書類を紛失したと発表した。

所在が不明になっているのは、試験概要や実施スケジュール、運営に関する注意事項、試験場の座席表などが記載された試験の運営マニュアル。千葉県社会福祉センターで受験する15人の個人情報も含まれていた。

10月16日夜に職員が試験監督員の業務を自宅で確認するため同資料を上着の内ポケットに入れて持ち出したという。交流会などへ参加後、帰宅したがその際に紛失したと見られている。同協議会では翌日に報告を受け、県に報告。対象となる受験者に謝罪した。

資料には試験の合否に関わる情報は含まれていないとして、19日実施の試験は予定通り実施している。

(Security NEXT - 2008/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

再委託先が個人情報含む図面などを一時紛失 - 横須賀市
個人情報含む国庫補助申請の関連書類を紛失 - 美咲町
都営住宅申込者の個人情報含むDVD2枚を紛失、委託先で - 東京都
健診データ含むUSBメモリが所在不明 - うつのみや病院
個人情報含むPCを都内で紛失 - 講談社
婦人靴売り場で顧客情報含む帳票を紛失 - 高崎タカシマヤ
子育て支援事業の参加者名簿を紛失 - 藤沢市
個人情報1.8万件含むHDDが2018年末より所在不明 - 豊見城市
3店舗で顧客情報約2.4万件を紛失 - 福井信金
高校で検定試験結果が所在不明、持ち去りか - 神奈川県