Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、SunのJava環境をウイルスと誤検知 - 現在は解消済み

トレンドマイクロは、15日に公開した同社ウイルス対策製品向け定義ファイルに不具合があり、誤検知が発生したことを明らかにした。すでに問題は解消されている。

問題が発生したのは、10月15日に公開した「5.599.00」「5.599.50」。ウイルスバスターシリーズをはじめ、コンシューマー向けや企業向け製品に配布されている。適用した場合は、ウイルス感染が発生していないにもかかわらず、サンマイクロシステムズの「Java Platform SE 6」のモジュールについて「TROJ_FAKEAV.MCS」として検知するという。

同日23時ごろに公開した「5.601.00」や翌日未明に公開した「5.601.50」で不具合を解消。隔離や削除を行った場合、ソフトを起動できないなど問題が生じるため、同社では隔離したファイルの復元方法などを案内している。

ウイルスパターンファイル 5.599.00における誤警告情報
http://www.trendmicro.co.jp/support/news.asp?id=1154

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/

(Security NEXT - 2008/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部でインターネット接続が不安定に - 大量経路情報変更が影響
個人間取引向けの「e発送サービス」で一部障害 - 原因は調査中
日本マクドナルドのシステム障害がほぼ復旧 - 一部店舗で調査継続中
通販サイト「ZOZOTOWN」でシステム障害 - 原因はDBトラブル
Bitcoin取引所のCoincheck、障害で取引無効化 - ロールバック実施
警視庁のウェブサーバに大量アクセス - 一時閲覧不能に
雑貨通販サイトでシステム不具合 - 顧客情報の誤表示など発生
Z会の新年度向けシステムがシステム障害 - 申込受付を停止
横浜市の住基ネット障害、手順書記載ミスで
通販サイトで顧客情報をキャッシュ、誤表示する不具合 - フェリシモ