Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「日本著作権侵害者撲滅協会」に注意 - 不審サイトは消滅

日本音楽著作権協会(JASRAC)は、「日本著作権侵害者撲滅協会」と一切関係ないとして注意を呼びかけた。

「日本著作権侵害者撲滅協会(Japan Anti-Piracy Association)」と名乗る団体が、ウェブサイト上で入会や会員登録料を募っていたもので、組織を説明する際にJASRACや文化庁、著作権情報センターなどと関連があるかのように装っていた。すでにウェブページは削除されている。

同団体のウェブサイトへアクセスさせるスパムメールも発生しており、個人情報など取得したと見せかけ、各団体へデータを提供するなどと脅して金銭を要求する架空請求が確認されている。

(Security NEXT - 2008/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員にフィッシング攻撃、個人情報流出の可能性 - NHK
偽メルカリに注意 - 4月23日の「振込申請ルール変更」に便乗
NZ銃乱射事件に便乗するマルウェア拡散やフィッシング詐欺に注意を
ゲームアイテムの購入明細を装うフィッシングに注意
「ゆうちょ銀」の偽サイトに注意 - 「合言葉」など詐取
「LINE」装う時間指定フィッシングが再発 - 攻撃者の始業時間が1時間早まる?
Visaカード発行事業者装うフィッシングに注意
アカウント情報狙う偽「PayPal」に注意 - 短縮URLを悪用
メールの添付ファイルやURLの開封環境を分離するソリューション - マクニカネット
ウェブ上の電話番号に潜む危険 - 「Googleマップ」や「Wikipedia」経由で詐欺誘導