Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ機器のログ管理サービスをSaaSで提供 - NTTコム

NTTコミュニケーションズは、SaaS型マネージドセキュリティサービス「セキュリティログ管理サービス」の提供を開始した。

同サービスは、「Arcstar IP-VPN」および「Group-VPN」の利用者を対象に、セキュリティ機器のログを24時間365日体制で監視、運用、管理するSaaS型セキュリティソリューション。

同社のセキュリティ専門組織であるセキュリティオペレーションセンタから顧客のVPNで直接接続し、ログを収集。同社のデータセンターで保管。また基本メニューとして、統計レポートや専門技術者によるヘルプデスクを提供する。

またオプションメニューとして、重要イベントを分析した「アドバイザリーレポート」やリアルタイム通知、ログ提出のほか、UTM機器レンタルや保守サービスをセットで提供する「おまかせパック」などを用意している。

基本メニューの参考価格は、国内拠点でUTMを5台利用した場合で初期費用17万円から。月額費用は30万円から。

(Security NEXT - 2008/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
NRIセキュア、特権IDアクセス管理をSaaSで提供
標的型攻撃メール訓練をセルフサービスで提供 - KDL
A10、ADCの一元管理ソリューションをリリース
セキュアブレイン、サイト改ざん検知のオンプレミス製品
デジタルアーツ、「FinalCode」のAD連携を強化
NTTコム、SaaS型WAFサービスを提供 - 「Slow DoS攻撃」にも対応
シマンテック、ホスティング事業者向けに新サービス - SSL証明書の利用拡大目指す
マクニカ、ブランド価値を毀損するリスクの可視化サービス
NTTコム、閉域ネットワーク上で「Box」を利用できるサービス