Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

モバイルPCのデータ流出対策ソリューションを提供 - IIJとアルカテル・ルーセント

インターネットイニシアティブと日本アルカテル・ルーセントは、法人向けモバイルデータ通信サービス分野で協業した。

今回の協業により、IIJが提供している高速モバイルデータ通信サービス「IIJモバイル」に、アルカテル・ルーセントのモバイルPC向けセキュリティ製品「OmniAccess3500 Nonstop Laptop Guardian」を組み合わせたソリューションを開発し、2008年度中に提供する計画。

「OmniAccess3500 Nonstop Laptop Guardian」は、3G対応のデータ通信カードとゲートウェイサーバで構成されており、企業のモバイルPCに対しリモートで各種セキュリティ機能の設定や制御を実現。データ通信カード自体がバッテリー、メモリ、CPU、OS、ソフトウェアを内蔵しているため、PCの電源オフ時でもカードを介して常時監視できる。

PCを紛失したり盗難に遭った場合でも、GPSによる位置確認、データの消去やバックアップ、起動時の認証やロックなどが遠隔操作で可能。カードが抜かれるとPCは起動せず、内部のデータは保護できる。

(Security NEXT - 2008/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

腕の動きやデバイス角度などで「なりすまし」を検知するモバイル向けSDK
NTTテクノクロス、モバイルカメラを使った静脈認証ソリューション
Avast、モバイル向けセキュリティアプリを刷新 - AVGの検出技術を統合
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
ワイプなど基本機能無料のフィンランド製MDM
IBM、自動車やSCADAにも対応するセキュリティテストサービス - ヒューマンリスクも判断
iOS版「ノートンモバイル」にPW管理機能 - iOSシェア高い日本向けに
NEC、顔認証に対応したユーザーデータ活用基盤基盤ソフトを提供
Lookout、自社開発したiOS向けアプリの危険性評価機能を提供
ファイル非改ざんの確認機能やランサム対策を搭載したバックアップソフト