Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マンションの入居者情報入りメモリが鞄ごと盗難 - 大成建設

大成建設は、都内分譲マンション4棟の入居者299人分の個人情報が保存されたフラッシュメモリが盗まれたと発表した。

10月4日に同社従業員が東京都中央区のマンションで定期点検補修工事を行った際、鞄ごと盗難に遭ったもの。持ち去られたメモリには、同社が扱っている都内の分譲マンション4棟の入居者情報合わせて299件が保存されていた。氏名、マンション名、部屋番号のほか、一部入居者に関しては電話番号も含まれる。

同社では、警察へ被害を届けており、対象となる顧客に対し説明と謝罪を実施。国土交通省に経緯の報告などを行っている。

(Security NEXT - 2008/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

路上で顧客情報が鞄ごと盗難 - 日神不動産
公害健康被害の不服審査に関する資料が盗難 - 環境省
地権者情報入りHDDがネット上に流通、事務所内で盗難か - 埼玉県
個人情報含む教員の私物パソコンが学内で盗難 - 東大
保育園駐車場で車上荒らし、健診データ含む個人情報が盗難 - 三重県
患者の個人情報や検査結果含むPCを紛失 - 兵庫医科大病院
個人情報入りPCがドイツで盗難、発生は4カ月前 - 久留米大
顧客の旅券情報含むPCが盗難被害 - Peach航空
工事中に患者情報含むPCが盗難被害 - 福岡大学筑紫病院
顧客情報含む検針用端末がバイクごと盗難 - 京葉ガス