Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

実在するMSのセキュリティ担当者を騙るウイルスメールに注意

マイクロソフトの実在するセキュリティ担当者を装い、セキュリティ更新プログラムと称してウイルスを送付する攻撃が確認されている。

問題の攻撃は、セキュリティ更新プログラムとしてウイルスをメールで送りつける手口。メールのタイトルは「Security Update for OS Microsoft Windows」とされており、差出人も同社を偽装。さらにメールの文面には実在するセキュリティ担当者「Steve Lipner氏」の署名があるという。

セキュリティ更新プログラムの公開予告が発表された10日ごろから流通していると見られており、受信者がアップデート公開時に通知を希望したとの内容で、適用方法が説明されている。添付されたZIP圧縮ファイルにはバックドア「BKDR_HAXDOOR.MX」が含まれていた。

メールは英文によるものだが、トレンドマイクロの研究機関では、日本国内における流通を確認しているという。同社では、特定の層を狙い、送信者と深く関連した情報であることから、一般ユーザーだけでなくセキュリティ意識が高いユーザーも被害を受ける可能性があると指摘、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
悪用難しいと思われた「Office脆弱性」、公表2週間でマルウェアに - Visa偽装メールで拡散
金融機関や物流事業者名乗るマルウェアメールに注意を
10月にサポート終了したはずの「Office 2007」にもアップデート
NTT東の一部「光ポータブル」にDNSキャッシュ汚染のおそれ - サポート終了で修正実施せず
「Ursnif」の感染活動で複数のサンドボックス回避技術を利用
銀行装うマルウェア感染メールに注意 - 法人向けの文面なども
「アカウントで利用規約違反」と不安煽る偽Amazonに注意
国内でも「Bad Rabbit」を観測 - 2月には誘導スクリプトが稼働か