Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロソフト、「Kill Bit」に関するアドバイザリと新セットを公開

マイクロソフトは、Internet ExplorerがActiveXコントロールを読み込まないようレジストリを設定する「Kill Bit」に関してアドバイザリを公開し、サードパーティのソフトウェアに対して適用される新しいセットを公開した。

新セットは、「Microgaming Download Helper」「System Requirements Lab」「PhotoStockPlus Uploader Tool」へ対応したもので、提供元の要請により「Kill Bit」を設定し、ActiveXコントロールが起動するのを防ぐ。

また「Office Web Componentsに関する脆弱性(MS02-044)」や「Officeウェブコンポーネントの脆弱性(MS08-017)」「Access Snapshot ViewerのActiveXコントロールの脆弱性(MS08-041)」「GDI+ の脆弱性(MS08-052)」などすでに解決済みのプログラムについても、多層防御のためにActiveXコントロール用の「Kill bit」を設定している。

ActiveXのKill Bitの累積的なセキュリティ更新プログラム
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/956391.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2008/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性