Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金融庁、振り込め詐欺へ改めて注意喚起 - 被害はすぐに申請を

金融庁は、「オレオレ詐欺」や「還付金詐欺」など振り込め詐欺が多数発生しているとして注意を呼びかけ、被害者保護制度についてあらためてアナウンスを行った。

同庁や警察庁、全国銀行協会などは、10月を「振り込め詐欺対策強化月間」として対策強化を進めているが、被害が拡大していることを受けて、あらためて注意を喚起したもの。

6月に施行された「振り込め詐欺救済法」では、犯罪に利用された口座の残金を被害者に分配することとなっているが、分配を受けるためには金融機関への申請が必要。

また振り込んだ金銭が引き出された場合など、その際の分配金が一部減額されるとして、被害を受けた場合には、すぐに金融機関や警察へ口座の利用停止を届けるよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約6割が「インターネット空間」に犯罪の不安感じる
全銀協、大相撲巡業で振込詐欺に注意喚起 - 取組表で広告や懸賞幕も
携帯契約時の代理人本人確認に不備 - ソフトバンクに是正命令
「ランサムウェア」の認知度、3割満たず - マカフィー調査
厚労省、臨時給付金に便乗した詐欺に注意喚起
3人に1人「スマホへの迷惑電話増えた」 - マイナンバー関連も
劇場型「マイナンバー詐欺」で金銭被害
クラウドで通話内容を解析、振り込め詐欺を検知 - ニフティ
不正送金ウイルスの認知度は4割以下 - ベネッセ事件でも8割弱
名大と富士通、振り込め詐欺通話の検出技術を実証実験