Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SaaS型セキュリティサービス「Panda Managed Office Protection」がリリース

PS Japanは、SaaS型セキュリティ対策ソリューション「Panda Managed Office Protection日本語版」の提供を開始した。

同サービスは、マルウェア対策やIPS、ファイアウォールなど、セキュリティ対策機能をSaaS型サービスとして提供するもので、「Panda WebAdmin Antivirus」の後継となるソリューション。未知のマルウェアに対応する「アンチマルウェアプロアクティブプロテクション」を搭載し、メールやメッセンジャー経由の脅威に対しても対応している。

SaaS型サービスのため、ハードウェアやソフトウェアを導入することなく、遠隔地のPCなども含めてネットワーク経由でブラウザ上から一元管理することが可能。ファイアウォールの設定については、必要に応じて管理者がエンドユーザーへ権利委譲することもできる。

ウイルスの検出やアップデートなどリアルタイムに対策状況を確認できるほか、メールにより定期的に購読することもできる。

(Security NEXT - 2008/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
NRIセキュア、特権IDアクセス管理をSaaSで提供
標的型攻撃メール訓練をセルフサービスで提供 - KDL
A10、ADCの一元管理ソリューションをリリース
セキュアブレイン、サイト改ざん検知のオンプレミス製品
デジタルアーツ、「FinalCode」のAD連携を強化
NTTコム、SaaS型WAFサービスを提供 - 「Slow DoS攻撃」にも対応
シマンテック、ホスティング事業者向けに新サービス - SSL証明書の利用拡大目指す
マクニカ、ブランド価値を毀損するリスクの可視化サービス
NTTコム、閉域ネットワーク上で「Box」を利用できるサービス